トップページへ
YAMAHA FK-5
   
スポーツカートのさきがけである名機FK-9シリーズの後継機種として誕生。
業界で先行する無限PK追撃はなるのか?

FK-5
LK175
[→Top]
レンタルカートとは
レンタルカートに乗ろう
コース紹介
レースに出よう サブメニュー表示
もっとレンタルカート サブメニュー表示
トピックス
リンク集 サブメニュー表示
談話室 サブメニュー表示

YAMAHA FK-5
製造中止となったスポーツカートの元祖FK-9シリーズの50ccのモデルで、今後のYAMAHA製スポーツカートのスタンダードです。

詳細は不明ですが、おそらくはFK-9Wのエンジンのみ50cc化されたものであると思われます。見た目では区別がつきません。
ブレーキはやはり機械式で、無限PKの油圧式とは異なります。

FK-9に比べると、排気量の縮小により明らかにトップスピードは低下していますが、パワーが下がった分扱いやすさは増していると思われます。

エンジン的には、ベースとなるYAMAHA製スクーター(JOGシリーズと思われる)が6.5馬力。無限PKは7.2馬力ですが、ベースとなるLive-DIOのカタログ値は6.3馬力となっていますので、ベース同士の比較では馬力・トルクともやや勝っている事になります。
(FK-5のカタログ値は不明)

【参考】JOG ZR

また、ボアアップにより、49cc→68ccへ排気量を拡大したハイパワーモデルも存在します。FK-5Mなどとも呼ばれるこのモデルは当然トップスピードもノーマルのFK-5より格段に速く、別次元の走りが可能です。

群馬県のカートランドORCや福岡県のアウトバーンなどのコースで採用実績があります。

■FK-5 主要諸元
全長/軸間距離 1680/1040mm
全幅 1400mm以下
トレッド F/R 965/1125mm
乾燥重量 75kg
フレーム型式 変形X型
フロントタイヤ 10×3.60-5(SL83)
リアタイヤ 10×6.00-5(SL83)
制動装置(Rのみ) 機械式ベンチレーティドディスク
操行装置 直結シングルシステム
エンジン種類 2サイクルクランク室リードバルブ
気筒数/排気量 単気筒/49cm3
内径×行程 40×39.2mm
始動方式 セル式
潤滑方式 混合ガソリン
燃料タンク容量 7リットル
点火方式 C.D.I点火
価 格 ¥350,000


LK175

エンジンにYAMAHA製175cc汎用エンジンを搭載した、4ストロークカートです。エンジン以外はFK-9Wと同じ仕様と思われ、カラーリングはやはり赤を基調としています。

GX系を意識した製品と思われますが、実際に導入されているコースはまだ余りありません。しかし世界的なモータースポーツ4スト化の流れの中で、将来的にFK-9に置き換わっていくのかも知れません。

【参考】YAMAHA汎用エンジン MZ175/R
カートの種類
スポーツカート
YAMAHA FK-9諸元
FK-9
FK-9R
FK-9W
LK175
YAMAHA FK-5
無限プレイングカート諸元
PK50
PK90
PK50M
バリアフリー
HONDA GX搭載カート
レーシングカート
キッズ・ジュニアカート
その他のカート
2人乗りカート
電気カート


初代FK-9カラーリングの例



YAMAHA汎用エンジン
MZ175


このサイトはリンクフリーですが、管理人宛メールはこちらMailでご一報頂けるとうれしいです。
(送信前にアドレスの「@」を一個消して下さい)