トップページへ
無限プレイングカート
   
レンタルカートのデファクトスタンダードの座に登りつめた「プレイングカート」。
急速な普及の理由は、レンタル客のニーズを捉えたサーキット運営にある。

PK50 PK90
PK50M
[→Top]
レンタルカートとは
レンタルカートに乗ろう
コース紹介
レースに出よう サブメニュー表示
もっとレンタルカート サブメニュー表示
トピックス
リンク集 サブメニュー表示
談話室 サブメニュー表示

無限プレイングカート シリーズ
レンタル専用コースでよく使用されるカートです。
F1や国内トップフォーミュラで活躍する「無限」が製造しています。

排気量50ccの「PK50」、「PK50M」、90ccの「PK90」がありますが、現在のメーカーラインナップは50ccのみとなっています。

「PK50」と「PK90」は、ホンダのスクーター向けエンジンを無限オリジナルフレームに搭載しています。通常レンタルで使用されるのは50ccで、一般にPKといえば、この「PK50」を指します。

「PK50M」は、50ccバイクのエンジン・駆動系を搭載した6速ミッションカートで、走行中のシフトチェンジが必要となります。利用できるコースも徐々に増えていますが、利用にはPK50で規定タイムをクリアするなどの資格が必要です。

また、プレイングカートは、ブリヂストン製の「HF」と呼ばれるレンタル用の耐久性重視のタイヤを出荷時から装着しています。


PK50

プレイングカートの代表的なモデルです。
無限オリジナルフレームに、HONDA製「LiveDIO-ZX」のエンジンを搭載しています。

排気量こそ50ccですが、低速でのレスポンスの良さや、このクラスのカートにはもったいないほどの高剛性フレームにより、50ccとは思えないほどの速さを見せます。存分にカートの面白さを体験できる、スポーツカートの傑作です。

参考)HONDA製品ページ「ライブ・Dio ZX」


PK90

プレイングカートのハイパワーモデルです。
現在は製造されていません。

PK50とフレームその他は共通、エンジンのみHONDA製「リード90」の90ccエンジンを搭載しています。

排気量が50ccの1.8倍!のため、PK50よりも豊かなトルクやパワーをはっきり体感することが出来ます。が、その分運転は難しくなっています。また、すぐに熱ダレしてしまう傾向があります。

スピードが出るため、PK50での規定タイムをクリアしないと乗車できないのが普通です。また、現在では利用できるサーキットはほとんどありません。


PK50M

HONDA製バイク「NSR50」のエンジン・駆動系を搭載した、いわゆる「ミッションカート」です。6速シーケンシャルシフトを搭載し、よりフォーミュラカーに近い操作性が特徴です。

ペダル配置はPK50と変わらず、ステアリングの左裏側にクラッチレバー、右側にシフトレバーがあります。クラッチは始動時以外は使用しません。シフトチェンジするときはアクセルを抜き、その間にレバーを前後に押して行います。

セルスターターを持たないので、始動には押しがけが必要です。(スタッフが手伝ってくれます)

ギアチェンジによる優れた加速と最高速で、コースによってはPK90に匹敵、あるいは上回る速さをみせます。 PK90同様、利用するには規定タイムをクリアするなどの資格が必要です。

試乗記


WeWillカート (バリアフリーカート)

PK50の特別仕様車で、下肢の不自由な人でも楽しめるよう工夫されたカートです。現在、一部のサーキットでの利用が可能です。

手だけで操作できるように、ステアリングの左右裏側のレバーでアクセルとブレーキを操作します。 ペダルの場合と逆で、右レバーがブレーキ、左レバーがアクセルになっていますので、注意が必要です。ペダルは足を置くだけのダミーで、すねの部分で脚を固定するベルトが着いています。

テスト中の事故で下肢が不自由になった元世界GPライダー、青木拓磨選手の要望が開発に取り入れられており、右手レバーがブレーキなのも、バイクのフロントブレーキが右(左はクラッチ)なので、咄嗟のブレーキがやりやすいからだそうです。

青木選手は現在、このカートでPKフェスティバルなどのイベントにも出場されています。
カートの種類
スポーツカート
YAMAHA FK-9諸元
FK-9
FK-9R
FK-9W
LK175
YAMAHA FK-5
無限プレイングカート諸元
PK50
PK90
PK50M
バリアフリー
HONDA GX搭載カート
レーシングカート
キッズ・ジュニアカート
その他のカート
2人乗りカート
電気カート


バリアフリーカート
「WeWillカート」


WeWillカートレバー部分
右がブレーキ、左がアクセル

乗ってみると判りますが、腕がつりそうになります。(^^;


MFK125

レンタルカートではないけれど、無限は3ペダル式125ccのミッションカートも作ってます。

通常の車と同じく、右足でアクセルとブレーキの操作を行い、フォーミュラへのステップアップを容易にするのが狙いだそうです。

現在全国数箇所でレースシリーズが行われ、全国トップクラスのカート選手がしのぎを削っています。

このサイトはリンクフリーですが、管理人宛メールはこちらMailでご一報頂けるとうれしいです。
(送信前にアドレスの「@」を一個消して下さい)